スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンの紹介


クーソーは,頭のコヤシです。

―糸井重里


今夜はクーソーしてから寝ようと思います。



前回の記事で「記事のテーマ募集」をさせていただきましたが,ありがたいことに幾つかのご意見を賜りました。ご意見を下さった方々,本当にありがとうございます。ということで,今後数回の更新記事はそれらに準拠した形の内容でお送りしたいと思います。(ご意見をいただいてから更新までの期間をなるべく短くできるよう鋭意努力致します。)また,テーマ募集の記事が公開されている間は引き続きテーマを募集しているということですので,まだまだ皆様からのご意見をお待ちしております。よろしくお願いします。


さて,今回は頂いたご意見の中から「"ペン紹介"というテーマの記事を読んでみたい」というものを抽出し,それに沿って記事を書いてみたいと思います。


以下が私の所持しているペン回し用のペン達です。(これ以外にも多少所持していますが,それらは所謂二軍・三軍なので今回は割愛させていただきます。)

_MG_1682.jpg

改造ペンを回すことはごく稀ですが,技の習得を目的とする練習やDr.GRIPに限界を感じた際に回します。画像にあるDr.KTは,私がまだドクグラーではなかった頃(8年程前)に作ったものです。ラッションペンはnekuraさんに憧れて作りました。チップは入っていません。RSVPはつい最近作りました。見映えは良いですが扱いきれません。私はDr.KTさえあれば大抵の技はできると勘違いしているので,今後これ以上に改造ペンを作ったりすることはないと思います。


やはり日常的に回すペンはDr.GRIPで,とくに左から三本をよく回しています。以前の記事でも述べたことがありますが,やはり使い込まれた状態のDr.GRIPとそうでないDr.GRIPには違いを感じます。

※使い込まれたDr.GRIPとそうではないDr.GRIPの回し心地の違い等については
【Dr.GRIPの見映えに関する考察 】
http://hensachiiranai.blog54.fc2.com/blog-entry-127.html
【Dr.GRIPの見映えに関する考察 2】
http://hensachiiranai.blog54.fc2.com/blog-entry-141.html
などを参照していただければと思います。


以下は,それぞれ使い込まれたDr.GRIPとそうでないDr.GRIPとの比較画像です。
_MG_1665.jpg

それぞれ型番は全く同じものですが,回し続けたことによりボディの塗装が剥がれて白くなってしまいました。(削る等の意図的に色を落とすような事はしていません)また,グリップも新品状態のものとは違い,白く濁ったような色へと変化しています。特に一番長く使用しているピンク色のDr.GRIPにおいて,その違いは顕著です。


上がほぼ新品状態のものです。下は約7年間ペン回しに使用しているものです。(下のパーツは折れたりするので何度か交換しています)
_MG_1688.jpg

上部のパーツ部分です。使い込んだ方はかつての面影がないほどに真っ白になってしまいました。
_MG_1691.jpg

グリップ部分です。使い込んだグリップの方はベルベット風の触り心地と言いますか,とにかく滑らかで手触りが良いです。
_MG_1719.jpg _MG_1706.jpg

分解した様子です。
_MG_1717.jpg

たまに「消しゴムは装着したまま回していますか?」「芯タンク(黒い筒)を入れたまま回していますか?」といった類の質問をいただくのですが,私はどちらも装着したまま回しています。(鉄芯は抜いています)
他のドクグラーの方はわかりませんが,私の場合それらのパーツを外してしまうと,なんとなく内実を伴わない”がらんどう”な感じがしてしまい嫌なのでそのままにしています。


日々回し続ける事によって,少しづつペンが馴染み回しやすくなっていく様を実感することは,Dr.GRIPを回す上で楽しみの一つになるかもしれません。逆を言えば,それくらいしか楽しめる要素はありません。加えて,私は「自分のペンが使い込まれた状態かどうか」というのは「自分のペン回しが魅力的かどうか」に比べれば至極どうでもいいことのように思っています。誤解を恐れずに言えば「ペン」の自慢をするよりは「ペン回し」の自慢をしたいというのが私の本懐です。それは「ペン回し」のほうが代替可能性が低いからかもしれません。また,ペン回しの本質というものを想像した時に,ペンの改造や使い込みに終始する事がそれに当たるとは考え難いです。(必ずしも本質から逸脱しているとも思えませんが)でも,たまにはそういう日があってもいいとは思うので,今日をその日にしたいと思います。


ご意見をくださった方のご希望に添う事ができたかは分かりませんが,「ペンの紹介」というテーマで記事を書かせていただきました。ほんの少しでもペン回しの肥やしにしていただけたら幸いです。


以上


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。