スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピナーに伝えたい”MintJam”の魅力


誰にも君の代わりはできない―MintJam

誰にも君の代わりはできない―Hearts Sound



JapEn1stの使用楽曲であるMintJamの「Rival」は,殆どのスピナーが知っているペン回し界においては非常に有名な楽曲です。初めてJapEn1stを見た瞬間から,ペン回しも然ることながら,私はMintJamのファンになりました。

Mintjamの楽曲はしばしばペン回しの拾いやCVに使用されていることがあります。しかし,楽曲の素晴らしさとは裏腹にスピナーの間では「Rival」ほどの知名度がないのが現状です。そこで今回は,僭越ながらMintJam楽曲の素晴らしさをスピナーの方々に伝えたいという気持ちを込めて「ペン回し関連の動画に使われているMintJam楽曲」の紹介を試みたいと思います。


【JEB】SEVEN Unofficial Promo Video 曲名:The legend will never die

曲調・速度的にもキレのあるペン回しと非常にマッチする曲ではないかと思います。特にSEVEN氏の動画とは親和性が高いと感じました。
この曲はMintjamのアルバム『2nd GIG #Break Out』に収録されており,現在muzieでも聞くことができます。個人的にこのアルバムはインストアルバムの中でも1・2位を争うほど大好きな一枚で,中でもこの曲は特にお気に入りの一曲です。疾走感と切れ味鋭く繊細なサウンドがとてもテンションを上げてくれて,ドライブ中などに車内でかけたくなるような曲です。曲中で好きな部分は2分頃からのアコースティックプレイとベースプレイ。この部分を軸としてその後のラストに向けての展開がとても情熱的に仕上がっているような気がします。


滋賀オフ1st 曲名:Drug of Passion (more passionate style)

少し昔の動画ですが,とても好きなオフCVです。bonkuraさんが出演されてらっしゃることからどこか物悲しさも感じますが,オフの楽しい雰囲気がとても伝わってきます。特に動画中の曲名表記がなかったため,MintJamの楽曲であることに気付くまでに時間がかかりました。
この楽曲はアルバム『ATMOSPHERE』にボーナス・トラックとして収録されており,現在muzieでも聞くことができます。原曲はアルバム『BRINY AIR』に収録されている「Drug of Passion」という曲です。-more passionate style-では,原曲が思いっきりスパニッシュ系にアレンジされていて,随所で聴こえる生手拍子など愉快な要素が多々盛り込まれています。


Pen Spinning Promo 42 曲名:Perfect World

厳密にはMintJamの楽曲ではないのですが大好きな曲なので紹介します。この曲はMintJamと親交の深いresetの楽曲で,アレンジメントにはMintJamのボーカルであるTERRA氏も携わっています。そして,MintJamによるカバーがアルバム『Identity』に収録されています。



原曲ではリアリティのある歌詞とそれを引き立てる美しいボーカルが印象的です。Mintjamのカバーは切なさを残しつつも,洗練されたサウンドがとてもクールな印象です。余談ですが「白詰草話 -Episode of the Clovers-」のエンディング曲でresetの代表曲でもある「Scenario」もアルバム『4th GIG# Decide』にてカバーされています。こちらも原曲,カバーともに素晴らしい曲なので是非聞いてみてください。


JapEn1st 曲名:Rival(Web Version)

冒頭でも紹介したペン回し界において最も有名と言っても過言ではないボーカル曲です。MintJam楽曲の中でも非常に人気の曲で,ライブ等でも度々披露されています。この曲は『2nd GIG #Break Out』に収録されている「-Z-」のボーカルアレンジ曲です。JapEn1stで使用されているのは-Web Version-となる短いバージョンで,フルコーラスはアルバム『4th GIG# Decide』に収録されています。また,アルバム『extra GIG #Crying Moon』ではこの曲をアコースティックカバーした「Rival (Acoustic Version) 」が収録されており,2014年に発売されたMintJam初となるベスト・アルバム『Keep on Jamming』にはリアレンジと再レコーディングが施された「Rival (2014 Re-recording version) 」が収録されています。とりわけ,リレコーディングバージョンは素晴らしいリファインが施されており,ラストのギタープレイは圧巻です。是非ともハイレゾ音源で聴きたいと感じた部分でした。




ほんの一部でしたが,ペン回し動画に使用されたMintJam楽曲を紹介しました。
音楽の理論や歴史に明るいわけではないので,なかなか楽曲の素晴らしさは伝えきれなかったかもしれません。しかし,私の駄文はともかくMintjamの楽曲は間違いなく素晴らしいものなので,これを切っ掛けに「Rival」以外のMintjam楽曲にも興味を持っていただければ嬉しいです。

以上

No title

今更なコメントですが…

僕が最初に買ったアルバムはミントジャムのアルバムでした
一時期"少年"、"Angel Wing"辺りでも拾い作りたいなーと思ってました

ミントジャムさんのPerfect Worldも大好きですがこの拾いではしっとりしたresetさんのほうを使ってみました
正直この拾いはあまり注目、いろんな人に見られることが無かっただけに紹介されていることが非常に嬉しいです
ありがとうございました

Re: No title

>>Mr.Wikipediaさん

コメントありがとうございます。

とても大好きな拾いだったので紹介させていただきました。
(ご許可をいただかずに無断で掲載してしまいすみませんでした)

Mintjamのアルバム「Identity」を購入し,初めてトラック13の『Perfect World』を聴いた時に「この曲どこかできいたことあるな」と思い記憶を掘り起こしていった結果,Mr.Wikipediaさんの「Pen Spinning Promo 42」で聞いていたということに気付きとても感動したことを覚えています。

”少年"や"Angel Wing"は私もとても好きな曲です。
Mintjam楽曲の魅力を知る方からコメントを頂けてとても嬉しかったです。
ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。