スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dr.GRIPを回さないほうがいい5つの理由


世界っていう言葉がある。私は中学の頃まで、世界っていうのは
携帯の電波が届く場所なんだって漠然と思っていた―新海誠『ほしのこえ -The voices of a distant star-』

世界に向かってハローなんつって手を振る―小沢健二



長いのか短いのか,旧型のドクターグリップ(以下Dr.GRIP)を回し続けること8年近くになります。
その8年間で私が感じたのは(Dr.GRIPを偏重して回す)メリットよりもデメリットのほうが大きいということです。

今回はある種自虐的に,加えて潜在的ドクグラーの芽を摘むという建設的な意味合いで「Dr.GRIPを回さないほうがいい5つの理由」を記します。


1:改造ペンに対する意識の希薄化
現在のペン回しにおいて不可欠とも言えるのが「ペンの改造」です。様々なペンのパーツを組み合わせてより回しやすいペンへと昇華させるというペン回しにおける醍醐味の一つでもあります。希少なペンを求めてたくさんの文房具屋を渡り歩いた日々や,改造に失敗し大量のペンを無駄にして親から叱責された日々も,今となってとても大切な思い出となっています。が,Dr.GRIPを回すとなると必然的に改造行為に傾注する必要がなくなります。
そして自然と改造ペンに対する興味が希薄化して,改造する楽しみを図りかねるようになっていきます。
(あくまで個人的な感覚です)
すなわちDr.GRIPを回すということはペン回しの楽しみを一つ失うことになるのではないでしょうか。


2:入手困難性
ここで私が述べている”Dr.GRIP”とは現行のものとは違う旧型のものであり,現在一般的な文具店で見かけることは殆どありません。まだインターネット等での購入が可能とはいえ希少性は高いと捉えることができます。偏重して一つのペンを回すということはそのペンが何らかの理由で破損してしまった場合に即座に差し替えが可能なペンを用意しておく必要があります。それを今日入手困難性の高いとされる旧Dr.GRIPで行うということは,リスクの高い行為ではないでしょうか。


3:回しやすくなるまでに時間が掛かる
上記希少性の壁を乗り越えて,Dr.GRIPを手にしたとしても開封した直後においては決してペン回しにとってベストな状態ではありません。丹念に回し続ける事によって,少しずつペン回しに適したある程度の回し心地を確保できるようになります。これはDr.GRIPに限ったこととは言えませんが,改造ペンが手に馴染むようになるまでの時間と比べると明らかに長いです。
個人的体感ではありますが「ある程度回しやすくなった」と思えるまでに最低でも半年は掛かります。
完成して直ぐに回しやすい改造ペンのほうがどう考えても得ではないでしょうか。


4:ドクグラーとしての苦悩
苦悩とは具体的には前回の記事のようなことです。どう立ち居振舞いをするかということに非常に頭を悩ませます。これ(苦悩)はドクグラーに限ったことではないので,ハードエビデンスには成り得ないかもしれません。しかし,とりわけDr.GRIP回しは現在過渡期にあるように思います。それはWTに於いてDr.GRIPを使用して非常に秀抜な結果を残す方が現れたからです。これは世界という場において,すなわち競技的な側面においてDr.GRIP回しが市民権を得たということです。つまり今後Dr.GRIPをメインに回して活躍する上でも世界レベルでの技量が水準となっていくということです。決して回しやすいとは言えないペンで高水準に達しなければ認められないということは酷と言えましょう。


5:改造ペンのほうが圧倒的に回しやすい
上記4つの理由を無視したとしても,この理由のみで十分Dr.GRIPを回さないほうがいいと言い切れます。なぜ,ドクグラーの絶対数が少ないのか。なぜ,Dr.GRIPと改造ペンを5:5程度のバランスで回す人がいないのか。突き詰めればすべて「改造ペンのほうが圧倒的に回しやすいから」と言えます。回しやすくするためにペンを改造したのだから当たり前です。「お化け屋敷は人を怖がらせるために作ったのだから怖いのは当たり前だ」という単純な理屈と同じです。逆を言えばDr.GRIPは継続的に回すには,あまりに回しにくすぎるということです。「Dr.GRIPを回し続ける」と思い定めたとしても,生半可な決意では改造ペンの誘惑には勝てないというのが私の見解です。純粋な"回しやすさ"という大きなメリットを捨ててまでDr.GRIPを回し続ける必要性はないと私は思います。


以上が「Dr.GRIPを回さないほうがいい5つの理由」です。
根拠的に弱い部分もあると思いますが,少々強引にまとめてしまいました。反論等ありましたら是非ご意見をお寄せください。


まったく脈略ありませんが,久々に動画をアップしました。




以上

個人的には1,2,4は同じですが、3,5は少しだけ違う考え方でした。

3については開封直後は確かに回しづらさを感じますが、
私は慣れるまでなら半年かかることはあまりなかったように感じます。
5は確かに改造ペンは回しやすいとは思いますが、Dr.GRIPに慣れた今は
逆に改造ペンだと技の幅が狭まったり、FSが組みにくいと思うこともあるので
これはこれで他にはない回しやすさがあるかなと思いますね。

ちょっとした違いはあるかもしれませんが、全体的にとても共感できましたし
もしこれからDr.GRIP回しを志す方がいたら1度目を通して欲しい記事だと思いました。

それから1つ前の記事の話になってしまいますが、個人的にTheCCAWさんの回しは
技運びのチョイス、手つき、間の取り方など、全スピナーのくくりで見ても異質で
そこに加えてDr.GRIPの希少性もあるので、現状でも十分存在感があるのではと
前記事のコメントに出たFSや、今回のFSを見て改めて思いました。

ただやはり色々な方向性を見てみたいのもありますので、
新しいスタイルの開拓もとても楽しみにしています!

Re:

>>aonekoさん

コメントありがとうございます。

「回しやすい」という考え方そのものが主観的で曖昧なので,確かに根拠としては弱いかもしれません。

回し続けた末にDr.GRIPというペン自体が,よりペン回しに適した状態になるまでの期間とするならば,経験則から半年あたりが妥当ではないかと考えましたが,aonekoさんのように比較的短期間でDr.GRIPを回しやすいと感じられる方の存在は度外視しておりました。すみません。
それでも,改造ペンのそれと比較して考えれば期間は長いと言ってもいいのではないかと思いました。

現在では私もaonekoさんと同じように,改造ペンよりもDr.GRIPのほうが回しやすいと感じています。
改造ペンに対しては回しにくいというよりは,扱いきれないといった印象を抱いています。
それでも,Dr.GRIPの有する独自の回しやすさに比べ,改造ペンで表現できる技のほうが幅広く,客観的に「回しやすい」という言葉に結びつきやすいのかなと感じました。

”存在感がある”と言っていただけると,なんだかとっても嬉しいです。ありがとうございます。
しかしながら,その異質さの上に胡座をかいてしまうと。異質であるが故の存在感は成り立たなくなってしまうような気がするので,常に向上心をもって臨みたいと思います。

貴重なご意見を本当にありがとうございました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

すごい!

すごいですね!
DRGRIPは何色を使っていますか?

Re:

>>おおお さん

コメントありがとうございます。
この記事に掲載している動画では,メタリックブルーのDr.GRIPを使用しています。

そうなんですか?

返事ありがとうございます。

グリップと本体どちらもメタリックブルーなんですか?なんか色身が違います。
僕が持っているやつはメタリックシルバーとトウメイブルーの合体ですべすべしています。
 馴染んでくればすべすべしませんか?
まだ1ヶ月もつかいこんでいません。

長文失礼しました。

Re:

>>おおお さん

コメントありがとうございます。

グリップと本体どちらもメタリックブルーのものを使用しています。
私の使用しているDr.GRIPについては,『ペンの紹介』という記事にて写真付きで説明しておりますので,よろしければそちらの記事を参照していただければと思います。

No title

ありがとうございます!
参考にします。
てか、じっくり見てみます!

No title

あと、なんか軸とグリップが白くなりました。
度々すいません。

なるほど

あと、なんか軸とグリップが白くなりました。
度々すいません。

No title

質問っていいですか?
1222222spぐらいからうまくいきません。(ドクグリで)122は普通にできます。(当たり前?)
なにかコツ教えてもらえませんか。
あと、ちょっと前に軸がまっ白くなりました。
グリップもかなり曇りました。

Re:

>>おおお さん

誠に申し訳ありませんが,私は改造ペンを使用しても1222がたまに成功するレベルの技量しか持ち合わせていません。Dr.GRIPを使用しても,122の成功確率は5割程度です。スプレッド系統の技において私以上の技量を有していらっしゃる方は本当にたくさんいらっしゃるので,そういった方々からアドバイスをもらうことをお勧めいたします。お力になれず申し訳ありません。

No title

ごめんなさい改造ペンの話でした。毒栗は122のことです1222毒ぐりでできるのはめちゃくちゃ凄いと思います。
122だって成功率は8割ぐらいです。
勘違いさせてすいませんでした。
面倒くさいかもしれませんができれば動画のしめを教えてもらってもいいでしょうか?凄いかっこいいのでやりたいです。お手数ですがお願いします!
(あのクルクルクルッていうすっごい速いやつの事です。)

すいませんでした

また間違えました本当にごめんなさい。毒栗だと思いました。
ぼくはktを超重量化したもので122222とかできるかどうか(5%ほど?)以下だと思います。
あなたはすごいです。足元にも及びません。
もう僕邪魔でしょうか?邪魔だったらもうコメントしません。ほんとうにごめんなさい。

最後かも

スプレッドがすべてじゃないです。
インフィニティうますぎますあなたは。
ただ僕が〆に困っているLv0スピナーなだけです。だから〆が知りたかったんです。(いいやつ教えてほしいです。)
またコメントしてごめんなさい。

Re:

>>おおお さん

〆の件に関しましては,誠に申し訳ありませんがどの動画のことをおっしゃっているのか分かりかねますので,恐れいりますが動画の方を指定していただければお答えすることができるかと思います。
また,今後はTwitterのDMやメールにてご質問いただければより詳細に回答させていただけるかと思います。よろしくお願いいたします。

No title

このページのやつです↑

No title

わかりました
今後はそのように質問させていただきます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。